60歳以上の求人|お仕事サポートナビ

*

60歳以上の求人探しで知っておきたいこと

1 体力面や健康面を考えること

 若いころとは違うとはいえ、体力があり心も身体も若い60歳のかたも多くいらっしゃり、まだまだ社会的に活躍できる人が多いです。60歳以上の方の中には、仕事探しの理由や経緯がそれぞれ違うかと思います。これまで仕事をしていた人が定年退職をした事により求人情報を探しているという方もいらっしゃいます。まずは、何故自分が仕事をしたいのか、そして、どれくらいのお給料が欲しいのかなどの現状分析をしましょう。

 最も大切なポイントですが、まだまだ若く元気とはいえ、60歳以上でありますから、「体力面や健康面にも気を使う仕事探し」という事が大切です。車通勤や通勤時間、働く時間、休憩時間など細かい事にも配慮して、第一に、健康的に働くことのできる職場を探すことが大切なのです。

 やはり、勤務状況は企業によって方針に違いがある為、いくら仕事がしたいからと言っても、自分に合わない条件で無理に働いても長続きましせんし、身体への負担になってしまっては意味がありません。仕事ができれば何でも良いというわけにもいかないですし、焦って探す必要はありませんので、ゆっくり、じっくり自分に合う求人を探していましょう。

2 人生経験の豊かさを武器にする

 60歳以上は、社会的に見て「高齢」とされることから、仕事探しが不利とされていますが、必ずしもそうではありません。求人情報に、「60歳頃まで」という記載が一応されていても、それ以上の年齢の方々が多く働いている企業も多いのです。

 仕事探しで有利になるポイントは、社会人、人間としての人生経験の豊かさです。また、心の豊かさなのではないでしょうか。その方の性格によっても違いますが、年齢を重ねているからこそゆとりがあり、年下の人をまとめる力があるという事です。人よりも長く生きているだけ、何かしら多くの知識が備わっているのが魅力です。

 今まで社会人として仕事をしてきた人は、社会人としての常識やモラル、その職場での知識やノウハウが備わっています。60歳以上になっても、その技術を生かせる場所が必ずあります。

3 熱意とやる気を忘れないこと!

 そもそも60歳以上を雇いたい企業が求めていることから考えてみるとスムーズな就職・転職活動ができるかと思います。やはり何よりも仕事に対する熱意ややる気が、就職や転職の成功者の共通点だと言います。もちろん精神面や心の持ちようによって見た目年齢や、体力などに大きな違いがあります。

 ですが、やはり同じお給料を支払って働いてもらうには企業側としても動いてくれる人材の方が魅力的です。身体を動かして働いてくれるのはもちろんのこと、今までの経験や知識をもとに、頭を使って働いてくれるということが魅力的です。

4 情報を早くつかむ事ができる

 ハローワークや紙面での求人情報は、「60歳まで」と書かれていることが大半で、申し込みができないことが多く断られてしまう可能性があります。

 一方、転職サイトでは「60歳以上でも可能」という求人も少なくなく、高齢の方が働いている仕事場をスムーズに探すことができます。また、「60歳以上」などとキーワード入力すれば、自分が探している仕事が一発で出てくるのがポイントです。より速く情報をつかめる転職サイトで仕事を探すことにより他の人よりも休職期間を短縮できると言えます。

5 思っているよりも分かりやすい求人情報サイト

「転職サイトからの情報で仕事を見つける事ができました。」

 条件や自分の希望を入力し検索することで、自分に合う求人情報が出てきますので、60歳以上の方でも転職サイトは簡単に操作することができます。とくに、60歳以上の方は、まだまだパソコンに不慣れな方も多いかと思いますが転職サイトでは複雑な入力や操作は一切必要ありませんので、初めての方でもスムーズに求人を探す事ができます。分からない場合は「Q&A」なども記載してありますので、安心して利用することができ、職場探しの成功へと繋がります。

「転職サイトを使って希望の仕事を見つけることができて感謝しています。」

 65歳を超えての就職活動は、地域や希望する職種によっては困難を伴う場合があるようです。60~65歳までは、何とか仕事を見つけることができても、60代後半からの求人数はぐんと減ってきます。自分が希望している仕事が見つけられるのも転職サイトの強みであり多く見つけることができます。

 自分の持っている時間と技術がもったいないという事で退職後にも仕事を探したいという方も多くいるものです。ハローワークや求人雑誌の求人では、希望する職種はなかったそうですが、この方は、転職サイトを利用して自分の能力を生かした職業に就くことができたと言われています。

6 まだまだこれから!

 今や、還暦になると社会人を卒業するというのは古い話でもあります。60歳を迎えた方の中には、精神的・健康的に中高年よりも若い人が多くいます実年齢よりもやる気や精神年齢の方が重要でどれだけ働くことができるのかと言うのも本人次第です。自分がまだまだ仕事をしたい、仕事をしなければならないという状態にあるのでしたら、諦めずに仕事を探してみることが大切です。

 企業側も、60歳以上に有望な人材がいるのを理解していますし、まだまだ動くことができる人が多いというのもわかっています。大切なことは、自分自身の人生経験や持っているものをアピールし、これからも熱意をもって仕事をしたいという事を相手に伝えることです。仕事に就くことができた暁には、一緒に働く人や上司が自分よりも若いことが多いでしょうけれど、相手を尊重する気持ちをもって、ひたむきに働ければ相手が認めてくれるはずです。

 60歳以上の方は、まだまだ若々しくしっかりと働いている方が多い事から、近年でも60歳以上の求人というのはどんどん増えています。求人情報サイトでも件数が多くなっていますし、これから希望職種での仕事探しが今以上にスムーズにできるかもしれません。ハローワークや、求人情報雑誌では思うように見つからない方は、転職、就職の求人情報サイトを利用されてみてはいかがでしょうか。

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
・求人情報総数は業界トップクラス
・スカウトのオファーサービス有り
・大手リクルートが運営しているから安心

公開日:
最終更新日:2015/04/07